あびたろうの旅行記
訪れた場所の写真集です


プロフィール

あびたろう

Author:あびたろう
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
2123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
764位
アクセスランキングを見る>>



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
2123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
764位
アクセスランキングを見る>>



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



修学院離宮
毎年ハズレの修学院離宮、今年はやっと当たりました。
しかし紅葉真っ最中の時期は、やはりハズレ。
当たったのは紅葉はすっかり終わった12月中旬でした。

表総門
監視のスタッフです。
表総門



案内図


買い求めた小冊子より引用
左手の民家に接している木立が、表総門。
下の方は、中離宮。
右手が、上離宮です。
田畑は、近隣の農家が借り、昔のままの形で耕作しているそうです。
航空写真


待合所には多くの参観者が待機していました。
待合室


先頭にガイド役のスタッフ、最後尾に監視役のスタッフ、二人のスタッフがつきっきりです。
下離宮の壽月観
下離宮


一の間
寿月観


下御茶屋東門
下離宮の出口です。
下茶屋東門


下離宮から中離宮への途中、この先は上離宮。松並木です。
松並木


左に伸びているのが松並木。その先に上離宮。
松並木2


中御茶屋表門
中離宮の入り口。
中茶屋表門


中御茶屋中門
中御茶屋中門


楽只軒
楽只軒1


客殿の一の間
正面の見事な飾り棚は「霞棚」と呼ばれ、桂離宮の「桂棚」、醍醐寺三宝院の「醍醐棚」と、天下の三棚と称されています。
床の間


網干の欄干
網干の欄干


松並木を上から見ると、遠くに京都の街並。
松並木3


松並木脇の棚田
日本の原風景でしょうか。
松並木4


上御茶屋御成門
上御茶屋御成門


この木だけが紅葉の名残
紅葉 (2)


隣雲亭
最も高い所にあり、展望のために設けられた小亭です。
隣雲亭


左の方を眺めると、京都の街並み。
遠くは西山連峰
街並1


正面眼下には浴龍池。
遠くには鞍馬や北山。
浴龍池


右端に小さく、窮邃亭を見ることができます。
浴龍池2


横から見た隣雲亭
隣雲亭横


浴龍池の対岸から見た隣雲亭
池から


苔と小川、とても風情があります。
道 (2)


千歳橋
千歳橋


窮邃亭
開け放った窓から眺めを楽しんだそうですが、どのような眺めなのか、下々の者にはわかりません。
窮遂亭


外から見た窮邃亭
窮遂亭2


左に見えるのが御舟屋、右が土橋。
土橋


御舟屋
昔の貴人が、これで舟遊びを楽しんだのでしょう。
御舟屋


池の畔から見た京都の街並み。
京


修学院離宮の参観を終えた後、下賀茂神社に向かいました。
ここは京都で最も遅い紅葉です。
下賀茂 (2)


今年の干支
絵馬


糺の森
名残の紅葉
糺1


もう終わりですね。
糺2


河合神社
これから昼食に行くお店が奉納した提灯のようです。
ここから徒歩3分。
提灯

スポンサーサイト

伏見稲荷大社
今年の紅葉は見頃の期間が長く、この日も紅葉を楽しむことができたのでしょうが、特に行きたいと思う場所もなく、どこも混雑が予想されたので、あえて紅葉とは関係のない伏見稲荷大社に行くことにしました。
麩屋町から三条へ歩き、京阪三条から伏見稲荷まで電車に乗りました。
京阪の伏見稲荷駅です。
駅


すぐ参道に出ます。
商店街1


土産物店以外に屋台も出ていました。
露店1


お土産も、さすが鳥居です。
土産


もっとも身近な神社といえる「お稲荷さん」。 全国に30,000社あるといわれ、その総本宮が伏見稲荷大社です。
楼門
正面


本殿
本殿1


横から見た本殿
本殿2



全景図 (2)


ここから鳥居の参道が始まります。
鳥居2


二股に分かれます。
二股


千本鳥居、壮観です。
鳥居3


まだ鳥居の参道が続きます。
鳥居4


鳥居5


延々と続きます。
鳥居6



階段



蝋燭



鳥居7



あと一息かと思いきや、ここからまだ40分以上の道のりと書いてありました。
案内図


不甲斐なく、戻ることにしました。
鳥居8 (2)


下りの近道です。
あっという間に本殿に戻りつきました。
下り
2014年の「外国人に人気の日本の観光スポット」調査で1位を獲得しているようですが、本当に外国人が多かったですね。