FC2ブログ

グランドホテル・ヴェズーヴィオ(ナポリ)

高級ホテルが立ち並ぶ、海岸沿いのバルテノベ通り
左端が、グランドホテル・ヴェズーヴィオです。
ヴェ・全景


ホテルの全容
ヴェ・建物


正面玄関を入って右側が、コンシェルジュ・デスク
ヴェ・フロント


反対側は、バー・コーナー
ヴェ・ラウンジ


ロビー階のエレベーターホール
ヴェ・エレ


階段
ヴェ・階段1


廊下は、クラシカル
ヴェ・廊下


ここも、LHWを通して予約したため、スイートにアップグレードしてもらえました。
正面左側が、エントランスドア
右側が、ウォーキングクローゼット、その奥にバスルームがあります。
右側の壁に、ベッドルームへのドア。
ヴェ・ドア


リビングルーム
奥にベランダ
右手前に、ベッドルームへのドアがあります。
ヴェ・リビ1


左手のドアは、ベッドルームへ
ヴェ・リビ2


ウエルカム・フルーツ
用意されてあるナイフに切れ味が悪く、食べるのが大変でした。
ヴェ・フルーツ


冷蔵庫
ヴェ・冷


ベッドルーム
ヴェ・ベッド1


ベッドルームのソファー
ヴェ・ベッド2



ヴェ・ベッド3


クローゼット
ヴェ・クローゼ


バスアメニティ
ヴェ・アメ


狭いけど、ダブルベイシン
ヴェ・ベイシン


バスタブは普通
ヴェ・バスタブ


バスタブの横に、シャワーブース
ヴェ・ブース (2)


シャワーブースの真ん前に、オープントイレとヴィデ
ヴェ・トイレ


部屋のベランダからの眺め
遠くの岬の先端付近は、ソレント
ヴェ・眺め1


有名な、卵城
手前は、サンタ・ルチア港
岸壁には、海の幸トラットリアが並んでいます
ヴェ・眺め2


岬の向こうに、イスキア島があります。
ヴェ・眺め3


夜景です
正面明るいのは、巨大クルーズ船
ヴェ・夜1



ヴェ・夜2



ヴェ・夜3


夕食から帰ると、ターンダウンが済んでいました。
夕食は、食べある記で。
ヴェ・夜






スポンサーサイト



ソレント~ナポリ

ソレントの中心地、タッソ広場です。
ソレ1


広場を見渡せる、飲食店
ソレ2


新しいお店が並ぶ、メインストリート
この通りの右側が、旧市街。
ソレ3


旧市街
狭い通りにお店が立ち並んでいます。
ソレ4 (2)


カトリック教会
ソレ5 (2)


果物屋さん
ソレ果実屋


ソレントの港
左側が、マリーナ・グランデ
右側が、マリーナ・ピッコロ
ソレ港1


カプリやナポリ、アマルフィへの高速船は、ピッコロから出港します。
ソレ港2


ナポリへの高速船に乗りました。
高速船1


宿泊した、エクセイオール・ヴィットリア
ヴィ全景


高速船の内部
サイドデッキがありません。
高速船2


ソレントから遠ざかっていきます。
高速船3


40分ほどで、ナポリが見えてきました。
高速船4


ナポリの港には、巨大なクルーズ船が、何杯も停泊していました。
高速船ナポリ


ヴェヴェレッロ埠頭の、タクシー乗り場
一方通行と渋滞のせいで、1キロ先のホテルまで、かなりの時間がかかりました。
高速船タクシー

グランドホテル・エクセシオール・ヴィットリア(ソレント)

ナポリ空港からソレントのホテルまで、ホテルが送迎車を手配してくれます。
メルセデス・Eタイプで片道180ユーロ。
ナポリ空港のラッゲージクレイムエリアを出ると、名前を書いたプラカードを持った男性が大勢立っていました。
およそ一時間半ほどでソレントに着きました。
途中の見晴台の様な場所で停まってくれました。
ソレントは、半島の先の方です。
ソレント眺め


ソレントに着きました。
送迎車は、このアーチの中へ入っていきます。
ヴィ正面


ホテルのゲート
ヴィ・ゲート


広い中庭
ヴィ中庭


建物が見えてきました。
ここで車を降ります。
ヴィ車寄せ


この階段を降りていくと、ホテルの入口。
荷物は、ベルマンが運んでくれます。
ヴィ玄関


コンシェルジュ・デスク
右端は、宿泊棟への廊下
ヴィ・フロント


正面に見えるのは、車寄せからの階段
ヴィ・ロビー1


エントランスから見ると、向こうにテラスがあります。
ヴィ・ロビー2


素敵なテラスです
ヴィ・テラス1


正面に見えるのは、ヴェスーヴィオ山
ナポリは左端くらいでしょうか、湾沿いにずっと走ってきたわけです。
ヴィ・テラス2


右奥は、宿泊棟
テラス


左側が、実際に泊まった建物
ヴィ・テラス3


港から見た、ホテルの全景
泊まった部屋は、左側建物最上階右端の角部屋。
崖の右端にあるのは、ホテルのテラスから港へ通ずる、専用エレベーター。
ヴィ全景


LHWを通して予約したので、アーリーチェックイン可能だったのですが、素晴らしい部屋にアップグレードするから14時まで、待って欲しいとのことでした。
テラスで時間つぶしのティータイム
クレームブリュレ
味は、普通かな
ヴィ・ブリュ


カプチーノ
ヴィ・カプ


プチフールも付いてきました。
ヴィ・プチ


時間になったので、部屋に案内してもらいました。
ロビー階のエレベーターホール
ヴィ・エレ1


素敵な階段です
ヴィ階段2



ヴィ階段


宿泊階のエレベーターホール
ヴィ・エレ2


廊下も素敵です
ヴィ・廊下


右側は、部屋のエントランスドア
左側は、バスルーム
ヴィ・ドア


コーヒーマシーンは使い勝手がわからなかったので、使用しませんでした。
ヴィ・コーヒー


素晴らしいスイートルームでした。
ライティング・デスクの上は、壁掛け型のテレビ
ヴィ・リビ1



ヴィ・小


コーヒーマシーンの下に冷蔵庫
ヴィ冷


リビングルームのソファー
ヴィ・リビ2


ドアの向こうはベッドルーム
ヴィ・リビ3


ベッドルーム側から見たリビングルーム
左側は、バスルーム
バスルームは、リビングルームとベッドルームの両方にドアがあります。
ヴィ・ベッド1


ベッドスペース
ヴィ・ベッド2


ベッドルームにもソファーがありました。
ヴィ・ベッド3


リビングルームとベッドルームの境の壁に、クローゼット
ヴィ・クロ


キングサイズのベッド
ヴィ・ベッド4


左奥は、シャワーブース
右奥は残念ながら、オープントイレ
ヴィ・バス1


ゆったりとした、ダブルベイシン
ヴィ・ベイシン


高級感ある、アメニティグッズ
ヴィ・アメ


広々としたバスタブ
排水もスムーズでした。
ヴィ・バスタブ


向こう側は、ビデ
ヴィ・トイレ


ベッドルームのベランダからの眺め
ヴィ眺望1


下は、ソレントの港
ヴィ・眺望2


ヴェスーヴィオ火山
ヴィ・眺望3


リビングルームのベランダからの眺め
向かいの建物は、もう一つの宿泊棟
ヴィ眺望4


岬の向こうにかすかに見える島影は、イスキア島
ヴィ・眺め


夜の眺め
ヴィ・夜景1


左端は、ナポリの辺りでしょうか
ヴィ・夜景2


夕食から帰ると、ターンダウンが済んでいました。
ヴィ・ベッド5
夕食は、「食べある記」にて






セントレア~ローマ

ルフトハンザのCクラスの座席は狭い。
一応はフルフラットになるのですが、正面の三角の部分が足置きスペースです。
シート幅も狭めで、簡単には寝返りも打てません。
ル・シート


最初のドリンクサービス
シャンパンです。
ル・泡


食事が始まりました。洋食を選択。
オードブルのスモークサーモン
白ワインは、南アフリカのソーヴィニヨン・ブラン
ル・前


赤は、ブルガリアを選択
ル・赤


主菜
牛肉の煮込み
ル・肉


相方は魚
カラスガイノソテー
ル・魚


デザート
ル・デザ


コーヒー
ル・コーヒー


夕食は軽食であり、メニューを見ても美味しそうではなく、乗り継ぎのフランクフルトのビジネスラウンジで食べようと考えました。
ところが、フランクフルトの入国検査場が大混雑であり、また保安検査場がとても厳しく、ラウンジに立ち寄る時間がありませんでした。
フランクフルト~ローマ便の軽食です。
フロ・食


ドイツの赤と白のワイン
この日の夕食は、これで済ませました。
フロ・ワイン


ローマのフィウミチーノ空港にあるヒルトン・ローマ・エアポート、ここに辿り着くのが大変でした。
案内がなく、空港の人が教えてくれたとおりに行くのですが、この通路に入れません。
どのエレベーターも動かないのです。
仕方なく、この通路が確実に連絡しているターミナルまで歩き、そのターミナルのエスカレーターで上の階に行き、通路に入り込むことが出来ました。
ロ・ヒル1


不確実な案内に悩まされながらも、やっと辿り着きました。
場末のホテルといった感じで、写真をアップする気にもなりませんでした。
しかし、朝食は美味しかったです。
ロ・ヒル2


フィウミチーノ空港の中の、カフェ
ここでボーディングタイムまで過ごしました。
ロ空港


変わった形のテント、あちこちで見かけました。
トゥルッリを彷彿させるデザインです。
ナポリへのフライトです。
ロ・テント

セントレア・ホテル

GWの南イタリア行、セントレアからルフトハンザに乗るため、前泊しました。
とても便利な場所にあります。
正面


正面左、人が立っている所がレセプションデスク。
フロント


そこから奥へ行くと、新館の入口。昨年の10月にオープンしたばかりです。
カードキーをかざします。
新館



廊下


部屋は、スタンダードダブル。
正面が部屋のドア、その右手がバスルームです。
ドア



ベッド


テレビの裏側が、クローゼットになっています。
TV


お茶セット
お茶セット


窓からの眺め
ターミナルビルが見えます。
眺め


バスルーム
洗面台


アメニティグッズは簡素
アメニティ



シャンプー


洗い場付き浴室
バス


個室トイレ
トイレ


パジャマも用意されてあります。
パジャマ
コンパクトですが、必要なものはすべて揃っています。
前泊には、文句なしのお部屋でした。


プロフィール

あびたろう

Author:あびたろう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
2298位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
845位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
2298位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
845位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR