あびたろうの旅行記
訪れた場所の写真集です


プロフィール

あびたろう

Author:あびたろう
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
2155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
761位
アクセスランキングを見る>>



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
2155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
761位
アクセスランキングを見る>>



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



道東 2013夏
例年の酷暑脱出シリーズ、今年は相変わらず道東でした。
女満別空港に降り立ち、レンタカーに乗り、真っ先に訪れるのはここ。
朝摘みの茹でたてとうきびを買い求めます。
「旨いんだな、これが。 困ったことに・・」
メルヘン1

メルヘンの丘の風景です。来るたびにキレイな景色になってきています。
メルヘン2

昼食は、ここ。
停車場1

名詞や、名前を書いたカードでびっしり。
停車場ー1

カウンターの向こうが一応オープンキッチン。
停車場

海鮮ラーメン
出汁は良く出ていましたが、麺がノビノビで、拘る人には不評でしょう。
停車場3

ここはJR釧網本線・北浜駅の駅舎なのです。
停車場駅

ちょうど列車が、やってきました。
停車場電車

線路の向こうは海、オホーツク海です。
停車場海

レンタカーのメーター。
午後2時41分、気温22度。
気温1

清里に向かって斜里国道を走りました。
同じく釧網本線・止別駅。
ここでティータイム。
駅馬車

こちらは、すっきりとした造りです。
駅馬車ー1

スタッフも若い。
駅馬車1

コーヒーは二人とも残しました。
駅馬車2 (2)


駅馬車3


駅馬車駅

なんと、ここでも列車と出合いました。
駅馬車電車

斜里の海岸。
オホーツク海です。
向こうに見えるのは知床半島。
オホーツク

こんな砂浜に一軒家。
人の住んでいる気配がありました。
ここから、今夜の宿へ。
http://abitaro.com/kiyosato/kiyosato.htm
オホーツク2

2日目
清里から見る斜里岳。
斜里岳

標津に向かう斜里国道。
斜里岳の山麓を走ります。
斜里道1

素敵な花壇。
向こうは斜里岳。
斜里道2

木立の間に見えるのは、海別岳。
海別岳 (2)

山道を登ると樹の種類が変わります。ダケカンバでしょうか。
斜里道4

標津に近づいてきました。このあたりは野付国道と名を変えます。
斜里道5

お昼の12時29分、気温19度。
斜里道気温

根室海峡に出てきました。
斜里道6

標津で、お昼ご飯。
武田1

海鮮巴丼
ウニは普通、イクラは今まで食べた中で最高の味でした。
武田2

浅利の味噌汁も美味しい。
武田3

相方が選んだ、「しべつ鮭三代漬け丼」
イクラ・鮭の漬け・鮭節の三代ということ。
イクラが一番美味しく、次に来たら「イクラ丼」を食べたいと言っていました。
武田4

さあ、野付半島へ。
今にも降り出しそうな空です。
道路(フラワーロード)の両側はすぐ海。
野付道1

半島の先端近くにある、野付ネイチャーセンター。
野付

晴れていれば、国後島が良く見えるそうですが・・・
国後

名残りの「トドワラ」。
トドワラ

「ナラワラ」は、まだしっかりと存在していました。
この後は、阿寒湖までの長距離ドライブです。
阿寒縦断道路の山道では、霧で視界5m。最後に多大なストレスに見舞われました。
この日の宿は「鄙の座」。
http://abitaro.com/hinasaisai/hinasaisai.htm
ナラワラ1

鄙の座のロビーを飾る、素晴らしい熊の木彫り
作者は、藤戸竹喜氏。
藤戸1

買い求めた藤戸氏の作品集。
藤戸2

3日目
阿寒湖のコタンは何度も訪れているのですが、藤戸氏のお店がコタンにあるというので、宿を出発後に早速行ってみました。
コタン1


コタン2

ここが藤戸氏のお店。
お土産に売られているのは、弟子の作品。
地下に展示場がありましたが、素晴らしい作品ばかりでした。
コタン3

女満別~網走も何度も訪れており、改めて行きたい場所も無いので、途中寄り道をすることにしました。
釧北国道の津別町周辺で左に曲がると、チミケップ湖への道です。
道1

舗装された道路が途切れ、ここから砂利道になります。
道2

道幅2mとのこと、すれちがうのも大変です。
道3

チミケップ湖へは、北見から・訓子府から・陸別から・そして津別からのルートがあります。
ここで陸別ルートと合流します。
道4

ホテルが見えてきました。
犬が繋がれています。
チミケップ1

愛想の良い犬です。
撫でてもらうと大喜び。
笑っていますね。
チミケップ2

もう一匹いました。
こちらは、のんびりしています。
大人しく撫でられます。
チミケップ3

ホテルのラウンジ、夜はメインダイニングになるのでしょう。
1時過ぎに着いた時は、客は我々だけでしたが、次第に賑わってきました。
チミケップ4

窓の外にはテラス席もありました。
チミケップ5

コーヒーの味は普通。
チミケップ6

湖側から見たテラス席、その向こうはホテルの建物。
チミ5

チミケップ湖
反時計回りに眺めていきます。
チミ1

曇り空で残念でしたが、とても静かな湖でした。
チミ2


チミ3


チミ4

帰り道は狭い砂利道でも余裕ができました。
右手の木立の向こうは湖です。
道5

釧北国道に出てきました。
これから一路網走へ。
道6

女満別は快晴。
この旅で、初めての快晴です。
女満別2 (2)

麦稈ロールが金色に輝いて見事です。
女満別 (2)

この日の宿、「北の暖暖」
http://abitaro.com/dandan/dandan.htm

フラワーガーデン造成中です。
2~3年の内には完成したいと、オーナーの弁。
北花

ちょっとカメラを向けてみました。
北1


北2


北3


北4
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://abitaro.blog52.fc2.com/tb.php/84-44686b6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)